【ゼルク株】ウィザードリィ外伝 五つの試練『偽りの代償』攻略その4【突如暴落】

ここ暫くの間、ひたすら『ウィザードリィ外伝 五つの試練』Steam版シナリオエディタ講座の執筆&サンプルシナリオの制作に没頭していたため、この『偽りの代償』の攻略記事については久々の更新となる。

前回の探索で「ネル坑道」の「地下四階」の攻略を完了した全員聖職パーティー。今回は、次なる階層「地下五階」へと歩を進める。

では、探索を開始する。

まずは戦闘の勘を取り戻すためのリハビリを兼ねて、新たなるフロアマップ「地下五階」で出現する敵モンスターを確認する。

今回の探索において結成されたパーティーの構成は「僧僧僧僧僧司」という非常にバランスの偏ったメンバーであるため、Wizardryの戦闘における一般的な戦術は使用できない。言い換えれば、前衛専門職による強力な物理攻撃や、魔法使いの呪文による集団殲滅には期待できないのだ。

したがって、戦闘系の僧侶呪文の適切な使用、ならびに「サモンエレメンタル」の呪文で呼び出す「召喚モンスター」による支援が攻略の要となる。

ふむ。一応は問題なさそうだ。

事前に召喚しておいた味方モンスターが最弱クラスの「ガスクラウド」だった時には、ガチャで見事に外れを引いてしまった不安しかなかったが、僧侶の集団攻撃呪文「ブレーズ」や「ファイアウォール」が、この階層の敵に対しても効果的なダメージソースとなっている。

敵モンスターからの攻撃についても、怖いのは忍者軍団による首切りくらいだろう。

唐突に出現した固定モンスターの悪魔(ローグデーモン)には少々驚いたが――

召喚モンスターのエース的存在である「ハリコン先輩」の前に敵はいない。

そして、幾度かの戦闘を繰り返す中でレベルも順調に上がる。

司教以外の僧侶たちは皆「レベル10」へと成長した。

さて、外周エリアのマップ埋めは完了。気を引き締めて中央部の探索に向かおう。

この「地下五階」のマップ中央部は、どうやら4つのエリアに分割されているようだ。

それぞれのエリア内で壁スイッチを操作し、次のエリアの入口を塞いでいる鉄格子を解除する。その繰り返しだ。

迷宮の構造を理解したことで探索は順調に進む。そして、謎の墓碑を見つけたのだが――

えぇ……(困惑)

今回の探索で探し求めるキーパーソン「英雄ゼルク」の株が、突然のストップ安。何があった?

迷宮上階層における組織運営(ゼルク塾)の様子や、事前に伝え聞いた評判から判断するに、それなりに優秀な「経営者」であろうという認識だったが、ここに来てまさかの展開に。

人心が離れた社長の経営する会社は危ない。平時における「経営者」としては能力を発揮できても、戦時の「指揮官」としては無能だったということか……。

先行して探索を進めているはずのゼルク株式会社の経営状態は気になるが、それでも今やることは変わらない。ゼルク株を全力で空売り――ではなく、この「地下五階」の攻略を完了させるのだ。

最後に残された北西エリアのダークゾーンの先で、奇妙な石像を発見。

謎のアイテム「繁殖の心」を入手。

なるほど。これが「異次元の少子化対策」――か(違う)

これで「地下五階」の探索も全て完了。

次回は「地下六階」へと挑む。